禁煙>妊娠、出産する女性は、吸ってはいけません

男も女の関係無くたばこは吸うべきではありませんが、特に女性は
絶対に吸わない方が良いです。その理由は幾つかありますが、例えば
肺がんを例に上げてみると、男性よりも女性の方が肺がんを発症
しやすい事がわっかてきています。たばこはすべてのがんに影響が
あるので、女性の方が男性よりも。たばこによるがんの危険度が
高くなります。

女性は妊娠、出産を通して、子供に大きな影響を与える事を、自覚
しないといけません。母親の喫煙が子供に及ぼす影響の一部です。
・ニコチンによる血流低下により胎児が栄養不足となり、低体重や異常
 出産が起きやすい
・先天異常や先天奇形など、障害を持って生れる可能性が高くなる。
・授乳中の母親が吸ったたばこのニコチンは母乳に分泌される。
・子供の脳の正常な発達が妨げられるので、知能指数の低下傾向がある。

近年、喫煙率は減少傾向が続いていますが、若い女性に限ってみると
横ばいのようです。妊娠、出産期の女性の喫煙は、本人だけではなく
生れてくる子供に恐ろしい影響をあたえる事を、十分に理解して、
絶対にたばこを吸ってはいけません。

禁煙

トップページ
たばこの煙は、有害物質だらけの猛毒です
青酸と同じ位の猛毒がニコチンです
発がん物質のかたまりが、タールです
全身を酸欠状態にさせるのが、一酸化炭素です
意思や精神力では勝てないニコチン依存症
たばこと生活が一体なのが心理的依存症
受動喫煙は迷惑で、副流煙は危険です。
たばこはストレスを増大させます
吸えば吸うほど危険度が増えるのが肺がんです
たばこを吸うと脳卒中の危険度がアップします
たばこを吸うと心臓が酷使されます
煙を吸うから、呼吸器への影響は大きいです
タバコを吸うと認知症になりやすい
歯周病にならないで、健康な歯を大切に
たばこ1本で髪の毛1本無くします
たばこの煙で骨や筋肉も衰えます
禁煙は化粧品よりも美容効果が大きい
禁煙するには3通り、自力か他力か暗示かです
自力で頑張る確実な禁煙方法
効果が高い他力本願な禁煙方法
たばこの洗脳を解いてくれる禁煙方法です
気楽に禁煙出来るのが、禁煙外来
持続性が頼りになるニコチンパッチ
即効性が便利なニコチンガム
禁煙効果が高い飲む薬がチャンピックスです
心理的効果が抜群なのが電子タバコです
体を慣らして。助走期間のある禁煙方法
体は一生懸命吸うので、軽いたばこは無意味です
禁煙すると、別人の体に生まれ変わります
時代の流れは禁煙社会です
たばこは臭い、止めると敏感になります
塵も積もれば山になる、お金が貯まります
禁断症状の醍醐味を味わう
喫煙者は少数派、喫煙率は減少中です。
妊娠、出産する女性は、吸ってはいけません
未成年者の喫煙は絶対に禁止
たばこを吸い始めた頃を思い出してみよう
禁煙したら運動をしてたばこを忘れよう
1本吸えば蘇る、ニコチン中毒の体 
たばこを吸う人は、かっこ悪い人です
世界を見ると日本が見える、1箱千円の時代

その他

リンク募集中